Weapon delivery, military budgets, sanctions … has the European Union made a historic shift?

Exceptional event, exceptional response. In the face of Russian tanks and fighters launched in the Ukrainian invasion, the event described by Emmanuel Macron as follows: “Turning point in the history of Europe and Japan” During his speech on February 24th,Europe entered an unprecedented stage of general action a week ago.

The European Union, long ridiculed of its powerlessness in the face of Vladimir Putin, first adopted a series of major economic sanctions in retaliation for attacks led by Russian troops. The process is not new.Russia was already targeted for economic measures, In 2014, following the annexation of Crimea. “The only leaders in the world authorized by the EU are Syrian President Bashar al-Assad and Belarusian President Alexander Lukashenko, and therefore now Russia’s Vladimir Putin.”Recalling Josep Borrell, Head of European Diplomacy, At a press conference on Friday, February 25..

However, a historic collapse in EU diplomatic doctrine occurred on Sunday night, following a speech by European Commission President Ursula von der Leyen.Brussels announced the use of € 450 million envelopes on 27 “To supply the Ukrainian army with deadly weapons, fuel, protective equipment and medical supplies.” That’s it, according to Josep Borrell, head of European diplomacy. “The taboo that the Union does not supply weapons to the fighters.”

In the case of Sylvain Khan, he is a doctor of geography, an associate professor of history at Sciences Po, and the author of the book. [1945年以来のヨーロッパの建設の歴史 (PUFエディション、2021)、この決定は 「歴史的な休憩」「それは教義の変化であり、ユーゴスラビアでの戦争中(1991-2001)でさえ、欧州連合はそれを行ったことがなかった」、 彼はfranceinfoで決定します。

ウクライナの軍事力を支援するために達した合意は、戦争の開始からわずか3日後になります。 測定 「そのスピードと、それが由来するコンセンサスに素晴らしい」ジャック・ドロール研究所の副社長である歴史家ニコール・グネソットを分析します。 ここ数ヶ月で他のEU諸国の立場と一致することはめったにないViktorOrbanのハンガリーでさえ、予約なしで共通の制裁に加わった。 「これまで、ヴィクトル・オーバンはウラジーミル・プーチンに彼のイデオロギー的な近さを示していました」、 シルヴァン・カーンは述べています。

「ヨーロッパ人は昏迷で突然目が覚めた。彼らの合意はロシアの侵略に比例している。」

ニコール・グネソット、歴史家

franceinfoで

EUの一般的な意思決定を超えて、今週は特定の加盟国の歴史的な逆転によっても特徴づけられます。 このように、ドイツは第二次世界大戦の終わりから受け継がれた平和主義者の立場を見直しました。 土曜日に、ベルリンはウクライナに武器を届けることに同意しました、 彼女が常に紛争地帯で自分自身を禁じていたもの。 国は特に提供します 対戦車ロケットランチャーとスティンガー地対空ミサイル。 ドイツはまた、自国の軍隊を近代化するために、すぐにさらに1,000億ユーロを提供しました。 ドイツの首相であるオラフ・ショルツも、自国の国内総生産(GDP)の2%以上を防衛に投資することを発表しました。

ウラジーミルプチンのロシアの時間経済パートナーであるベルリンも、ノルドストリーム2ガスパイプラインの認可を一時停止することで進路を変更しました そして、Swift国際決済プラットフォームからのロシアの銀行の排除をサポートすることにより、グローバルな金融に不可欠な歯車

「それがすべてのヨーロッパ諸国に影響を与える運動の一部であるとしても、分岐はドイツで特に顕著です。」

シルヴァン・カーン、地理学の医師

franceinfoで

「もちろん、この変化を理解するために、 ドイツ政府は世論の動きに非常に注意を払っていることを忘れてはなりません。 日曜日に10万人がデモを行いました ウクライナと連帯してベルリンで」 研究者を分析します。

ドイツをきっかけに、スウェーデンは中立政策を打ち破る意向を発表しました。 これまで、NATO加盟国ではないこの国は、戦争中の国家に武器を届けることを除外してきました。 しかし、日曜日に、スウェーデン政府は、5,000台の対戦車ロケットランチャーをウクライナに送ることを約束しました。 1939年以来の最初の出来事であり、ソ連によるフィンランドへの攻撃は、マグダレナアンダーソン首相を強調しました。 「18世紀半ばから戦争をしていないスウェーデンのような国が最前線にいることは、非常に明白な合図です。」、シルヴァンカーンを分析します。 スペシャリストは、エデンは近年、兵役を再開しました、 増大するロシアの脅威を感知する。 最後に、EU加盟国でなくても、スイスは歴史的な中立性を破り、月曜日に再開しました。 「完全に」 ロシアに対する27の制裁。

しかし、この勢いはヨーロッパの防衛の必要性に関する議論を復活させることができますか? これは、ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相が望んでいることであり、 エコー。 「」強力なヨーロッパ軍が必要です。 それは不可能ではなく、ヨーロッパが最終的に主要な役割を果たすことを可能にするでしょう」、 彼は槌で打った。 数週間前の欧州連合理事会のフランス大統領の挑戦の発表中のエマニュエル・マクロンの発言と同じ発言。